【販路開拓】事例に学ぶ失敗しない貿易のコツ②

前回は、社内体制の不備が原因での輸出失敗についてご紹介いたしました。

貿易をする以前に交渉すらできなかったことで
海外進出を諦める結果となりました。

今回、パート2ではさらに他社の事例を元に、
失敗しない貿易のコツについてお話しします。

最初から読む 〉

【事例②:取引先が見つからない】

他社での失敗事例です。

機械部品の製造を行うB社。

主要取引先からの発注が半減したことがキッカケで
海外市場の開拓を試みました。

そこで、すぐに海外企業のリストを作成しメールでアプローチを開始。
さらにカタログを郵送するも、

反応がないまま解決案も出せず滞ってしまってしまいました。

【なぜ失敗してしまったのか?】

今回の失敗の一番の要因は、
海外企業に刺さるアプローチができなかったこと。

また、メールや郵送といった
スルーされる確率が高い方法だった事が挙げられます。

国内外問わず、突然見知らぬ企業から
営業と思わしきメールが来た場合、

その内容や件名が非常に興味深い、
魅力的な内容でなければたいていは無視されてしまいます。

こうした

貿易をする意欲はあるのに販路開拓ができずに、中断してしまう中小企業も多いのが事実です。

【失敗しないためにはどうすればいいのか?】

では、どうすればいいのかというと

可能であれば知り合いに紹介をしてもらう。
また、電話でアプローチをする。というのも効果的です。

電話でのアプローチは英語での会話が必要となりますが
スピード感や温度感もわかりやすく、自社の製品の良さも伝わりやすいです。

また、アプローチした企業には輸出できなくても
知り合いの企業を紹介してもらえることもあります。

弊社では、販路開拓のためのリスト作成やアプローチはもちろん
実際の商談や交渉も「あなたの企業の貿易事業の担当者」として貿易に関わる業務を全て代行可能です。

もし

  • 販路を開拓したいがツテがない
  • なるべく早く取引を開始したい

と考えているなら、弊社に一度ご相談ください!

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

貿易に関することなら、
「輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

参照(https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/report/07000189/boueki_soudan.pdf)

関連記事