取引通貨は、日本円 or ドル?基軸通貨ってなに?

海外との取引では異なる通貨を使って金銭の受け渡しが発生します。

そのため、取引前に「どの通貨で取引するか?」を決める必要があります。

今回は、海外取引での通貨についてお話しします。

【基軸通貨とは?=各国でよく使われているお金】

弊社をはじめ、他の貿易関連会社の多くは
USドル」をメインに使っています。

ドルは基軸通貨ともいわれていますが、
なぜドルを使うのかというと…

多くの国でドルを大量に保有しており、
ドルによる決済が多数を占めているからです。

近年は円安が進んでいるため、
日本からの輸出が増えるのに対し、輸入は値段があがっています。

あわせて読みたい 〉

【USドルを使うメリットとは?】

ドルを使うメリットとしては、

  • 通貨価値が安定している
  • 換金しやすい
  • 手数料が安い

などが挙げられます。

そのため多くの企業がドルでの取引を採用しています。

海外との取引ではこうした自国の通貨と異なる通貨での取引が多く、為替レート(円高・円安)も関わってきます。

弊社では、お客様がなるべく多くの利益を出せるようプロが確認、交渉や契約の締結も行っていきます。

いまなら、

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

もし

「少しでも多くの利益を確保したい」
「日本円以外での取引がはじめてで不安」

そんなご相談も可能です。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事