24時間ルールとは!?アメリカをはじめとするEU加盟国への輸送時に必須!

海外と取引する際には、輸出・輸入する貨物がどんなものかを記載した書類が必要となります。

そんな貨物の情報を記載した書類は「マニフェスト(積荷目録)」と呼ばれますが、この書類の提出期限が決まっているものがあります。

今回はマニフェスト(積荷目録)24時間ルールについてご紹介します。

【マニフェスト(積荷目録)とは?必要性は?】

マニフェストは船にどんな貨物が積まれているかの詳細が書かれた書類です。

貨物の詳細を相手国に事前に知らせることで軍事利用されないようになどの確認をする役割があります。

そんなマニフェストには24時間ルールと呼ばれるアメリカをはじめとするEU加盟国、または加盟国を通過する貨物に義務付けられた提出期限があります。

※EU加盟国:アメリカ・イタリア、フランス、オーストラリアなどを含む27か国(2022年現在)

これは、

✅貨物が船に積まれる前

または、

✅貨物を積んだ船が港を出る24時間前

までに相手側の税関に提出するという決まりです。

【マニフェストの注意点】

その他、マニフェストに記載される内容には注意が必要です。

マニフェストの内容は基本的に、
船会社が輸出者の貨物を受け取ったときに発行される書類(B/L)を元に発行されます。

そのため、

元の情報に間違いがある、相違があるといった場合には、船が港に到着しても荷物の受け渡しができない場合があります。

元データとなるB/Lの他にも、

  • インボイス、パッキングリストなどの書類の内容が同じか?
  • 書類と実際の貨物の内容に相違はないか?

といった確認が必要です。

あわせて読みたい 〉


【難しい貿易事務はプロにお任せください。】

貿易では輸送するだけでも多くの書類と確認が必要です。

これらが1つでも足りない、または相違があると税関で止まってしまい時間や労力がかかる。
場合によっては書類の修正や荷物の保管に無駄な金額が追加でかかる場合もあります。

そうならないためにも、事前準備と貿易の知識が必要不可欠です。

ただ、今から貿易を開始するという場合や
社内だけではここまで手が回らない。といった企業様もいらっしゃいます。

そんなときは、プロにお任せください。

弊社では、これまで、何度も輸出・輸入をしてきた実績のあるプロが、お客様とのヒアリングをしっかりと行い、ややこしい貿易事務も全て代行します。

もちろん、取引国に合わせた対応や商品輸送時・規制についても確認を行いますのでご安心ください。

  • 輸出・輸入をしたいけど貿易に関する書類の作成が不安
  • リスクを抑えて、スムーズに取引きをしたい

とお考えなら、ぜひ一度ご相談ください。

いまなら、

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい

関連記事