その取引ちょっと待って!“輸出管理”できてますか?

海外に輸出をする際には、
軍事利用されないために輸出管理が必須となります。

でも、輸出管理とはどんなものなのか?
はじめての場合はわからないことも多いです。

今回は、輸出管理についてご紹介いたします。

【輸出管理の3つの手続き】

輸出管理には、

  • 該非判定
  • 取引審査
  • 出荷管理

という3つのつ続きがあります。

該非判定では、法令で規制されていないか?をリストを元にチェックします。

その後、取引審査で取引相手がどんな人でどんな用途に使用するか?などの確認します。

最後に出荷管理では、
実際に出荷するものと審査したものが同じか?
許可を取得しているか?などの確認をします。

あわせて読みたい 〉


【輸出管理を怠ると、不正輸出に】

輸出管理ができていないと輸出してはいけないものを輸出してしまい罰則の対象となることもあります。

そうならないためにも、取引開始前に正しい知識を学ぶことが重要です。

しかし貿易に関する知識は幅広く難しいので、すぐに習得するのは難しいでしょう。

そんなときは、プロに任せてみるのはいかがでしょうか?

弊社は、取引先の選定から、交渉、実際に輸出をする際の事務作業も対応可能です。

もし輸出をしたいが、
「自社だけでは知識が少なくて不安だな…」
「一度相談をしてみたいな…」

という思いがあるなら、現在弊社では

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

何をすればいいのかわからない。
まずは相談をしてみたい。

という方もぜひ一度お問い合わせください。

ご相談内容や現在の状況などを確認させていただき、貿易をスムーズに成功させるためのアドバイスをさせていただきます。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい

関連記事