放置はもったいない!展示会での名刺交換を最大限活かすコツ

海外の展示会はさまざまな国の企業と交流ができる貴重な場です。

しかし名刺交換をする”だけ”で終わってしまうケースが大半ではないでしょうか?

今回は、展示会での名刺交換を最大限活かすコツを紹介します。

【展示会での名刺交換の必要性】

展示会に出展、または参加する目的は
自社製品のPRや新しい商品を見つけるということが多いと思います。

しかし、せっかく多くの企業と名刺交換をできてもそのあとに放置してしまうと意味がありません。

そのため、まずはじめに
名刺の整理」をする必要があります。

どういう基準で整理をするか?というと
見込み顧客の購入意欲に応じた温度感での整理がおすすめです。

つまり、展示会ではただ名刺を集めるだけではなく海外企業との交流をしながら相手の反応を確認することが大切です。

あわせて読みたい 〉

【最大限活かすためのカギは適切なフォローアップ】

名刺の整理が終わったら、温度感が高い企業へアプローチをしましょう。

展示会でどれほど盛り上がって購入意欲が高く見えても向こうから連絡が来ることはほぼありません。

そのため、こちらから積極的にアプローチをする必要があります。

ちなみに弊社でも、展示会の出展サポートを行っておりますが、貿易のプロが展示会後のアプローチも行います。

弊社ではこうした段階に分けてフォローアップを行い、温度感の高い企業を選定した上で商談を行うため、良質な商談が期待できます。

詳しいサービスメニューはこちらからご確認ください。

このように、多くの海外企業との取引実績やノウハウがある貿易のプロがすべて対応するので、展示会で獲得した名刺を活かすことが可能なのです。

【負担の大きい作業も弊社で代行いたします】

展示会では多くの名刺を獲得することが可能です。

その名刺を1枚ずつ整理するのは大変労力がかかり、はじめて貿易を開始する企業にとっては負担に感じることでしょう。

更に、名刺交換をしてから放置してしまい、時間が経つと見込み客の温度感も下がってしまう可能性も高いです。

そのようなときにも、すべて一貫して依頼することができる貿易代行は役に立ちます。

弊社では展示会サポートとして展示会の選定から当日の運用、その後のフォローアップまでをすべて対応可能です。

  • 海外進出前に展示会をしてみたいが人手不足…
  • 英語を話せる従業員がいない

という企業様もぜひご相談ください。

今なら、毎月2社様限定ですが

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

現在の貴社のご状況や、ご要望などをお伺いさせていただきアドバイスをさせていただきます。

些細な質問でも構いません、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事