業者によって差が?貿易はスピード感が大切

「貿易を開始したい」と考えている方にとって、
販路開拓までにどれくらいの時間がかかるのか?は気になることの1つだと思います。

今回は、海外販路開拓にかかる時間についてお話いたします。

【販路開拓までの一般的な期間】

販路の開拓といっても、実際に販売ルートの確率までにはさまざまな作業が必要です。

はじめに、現地の市場調査で需要や利益が出るかのチェックを行います。

そして、海外企業へのアプローチ、商談、交渉、契約…

その後も輸送手配や貿易に関する書類の準備なども必要です。

そのため、一般的に販路開拓までは2〜3年はかかると言われています。

【業者によっても違う?弊社の場合は…】

海外との取引では、馴染みのない言語(英語)でのアポイント獲得から商談・交渉が必要です。

さらに国内取引とは違う習慣や文化、時差などもあり思うように進まないということも販路開拓までの期間が長くなってしまう要因です。

代行業者によっては、指定の形式で依頼内容をまとめて提出するように求められたり、1つ1つ疑問があったときに回答を求められることもあり手間がかかる、時間がかかるということもあります。

弊社は、初回にオンラインでお打ち合わせをさせていただきお客様の状況などを細かくヒアリングさせていただきます。

そして、あなたの企業の商談係として貿易のプロが海外企業とのやり取りや書類作成などのすべての業務を代行することで早い対応が可能です。

その結果、ほとんどの場合、通常の半分以下という早さで販路の開拓ができるのです。

あわせて読みたい 〉


【貿易はスピード感が大切】

ここまで販路開拓にかかる期間についてお話いたしました。

販売までの時間が長すぎると国内外での商品需要も変わってしまう可能性もあるため素早い対応が必要です。

ですが、ただ早いだけで雑な業者では「商品が破損して届いた!」などといった事故が発生する可能性もあります。

そのため、

  • 料金ではなくサービス内容を確認
  • 販路開拓にかかる労力や時間

を見て代行業者を決めるのが失敗しない秘訣です。

もし、貿易を始めたい。と考えている方でなるべく早く販路を開拓したい。
そして業者選びで失敗したくない。と考えている方は、まずは弊社に相談してみませんか?

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

今から始める方はもちろん、すでにスタートしている方にも
貿易ビジネスを成功させるためのアドバイスをさせていただきます。

そして、今以上に利益率をアップさせるために必要なポイントをお伝えいたします。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事