税関でもし荷物が止まったらどうなる?対処法は?

貿易をする際に、必ず通さなければいけない場所が税関です。

税関では通関のための審査が行われますが、もし何かの原因で荷物が検査に引っかかると税関で何日も止まってしまうことがあります。

そこで今回は、税関で荷物が止まった場合の対処法についてお話いたします。

【通関検査で荷物が留まる理由】

通関検査で引っかかり荷物が留まる理由は下記のようなものが考えられます。

  • インボイスに不備がある
  • 貨物が規制品だった
  • 軍事利用される恐れがある場合

などです。

こちらの内容については、下記の記事でそれぞれ詳しく解説しています。

あわせて読みたい 〉

【通関検査で止まったときの対処法】

では、実際に通関検査に引っかかってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?

税関で荷物が止まった場合は、税関から電話または文書で連絡が来ます。

その際に、通関検査で止まった理由と提出が必要な書類などがあれば確認しましょう。

違法なものでなければ、書類の提出で検査をパスできることもあります。

通関検査で引っかかってしまった場合は、まずは焦らずに状況を確認することが大切です。

【輸送前にプロによるチェックを。】

通関で何日も荷物が止まると時間も労力もかかるので取引前には書類や規制の確認も重要です。

ただ、初めての貿易の場合は自分で規制や書類のチェックをしても不備や意外なところで息詰まることもあります。

もし、

  • これから貿易を始めたい。
  • 現在輸入している商品と別のものを新たに輸入したい。

と考えているなら、貿易代行のプロである弊社にお任せください。

輸出入に関する手続きのほかにも原価を下げるための交渉やそもそもの販路の開拓から全て一貫して代行いたします。

もし貿易に少しでも不安があるなら、まずは弊社に相談してみませんか?

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

コンサルティングでは、商品のチェックや利益が出せそうか?などの輸出入に関する相談が可能です。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事