貿易で売上が伸びない3つの理由

せっかく海外進出をしたものの思うように売上が伸びない…

そうなると販路開拓を頑張ったのに無駄になったと感じますよね。

そんな売上が思うように伸びない企業には共通点があります。

今回は、貿易で売上が伸びない理由についてお話ししていきます。

【貿易で売上が伸びない理由】

売上が伸びない企業の共通点は下記のようなものがあげられます。

  • 国の選定ミス
  • 日本と同じ価格で販売している
  • 現地の代理店に任せている

販路開拓前にしっかりと調査をせずに輸出入先の国を決めてしまい、輸出先での需要が少なく売れない。

もしくは、競合が多く価格競争に負けてしまうといった失敗も多いです。

また、日本と同じ値段で販売をしようとして値段が高すぎて買う人がいない。という場合もあります。

あわせて読みたい 〉

【貿易知識・実績豊富なプロが対応いたします】

国が違うと文化や感覚が違います。

日本では高性能・高品質であれば売れるようなものでも国によっては多少雑な作りでも安価なもののほうが売れる。ということもあります。

そのため、国の状況や価格・需要を調べずに現地の代理店に任せてもうまく行かないはずです。

販路を開拓するには現地の状況や需要の調査は必要不可欠というわけです。

しかし、

  • 市場調査のやり方がわからない。
  • 自分で確認したがこれでいいのか不安。

と思うこともあるかもしれません。
そんな場合は一度、弊社に相談してみませんか?

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

コンサルティングでは、なぜ貴社が貿易で儲かっていないのかの原因や
海外での販売のポイント、不安や疑問にもお答え致します。

貿易でのコスト削減などにお悩みなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事