安易な削減は失敗の元。海外進出で必要な費用

海外と貿易をして輸入ビジネスを展開する際には、実際に掛かるコストが気になるもの。

しかし、安易な考えで輸送費や梱包にかかる費用を削減してしまうと輸送中の商品破損やミスなどにつながりかねません。

今回は、そんな海外進出でのコスト削減についてお話ししていきます。

【実際にどんな費用がかかるのか?】

では、実際に輸入ビジネスでかかるコストにはどんなものがあるのでしょうか?

  • 現地調査費
  • 商品仕入れ
  • 海外からの輸送費
  • 保険や関税
  • 人を雇う場合は人件費

などが必要となります。

最近はコロナ禍もありオンラインで完結する場合もありますが、基本的に新しいビジネスを開始する場合には実際に足を運び現地調査も必要です。

あわせて読みたい 〉

【コスト削減には交渉が必須】

海外との取引でコストを削減するには、商品の仕入れ価格(=原価)を下げるのが効果的です。

原価を下げてその分、多く買う事ができれば商品1つあたりにかかる輸送コストを抑えることも可能です。

原価を下げる方法は、やはり交渉をすることが一番です。

しかし、海外の企業相手に交渉をするのは言葉や文化の違いもあり難しいと感じるかもしれません。

もし、輸入で海外ビジネスを展開していきたい。
そして、コストを抑える交渉をしたい。

そう思うなら、様々な貿易経験・実績のある弊社にご相談ください。

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

コンサルティングではお客様の状況をヒアリングさせていただき、コスト削減についてもご相談いただけます。

貿易でのコスト削減などにお悩みなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事