赤字?黒字? ”貿易摩擦”はなぜ起こるのか

以前、海外での「日本産の車の輸入が増え過ぎだ」ということで話題になったことがあります。

一部の産業で日本からの輸入が増えすぎてしまうと外国産の商品が売れなくなります。

このような、貿易によってどちらかが儲けすぎてしまう、不公平な状況のことを貿易摩擦と言います。

今回は、貿易摩擦についてお話しします。

【貿易摩擦はなぜ起こるのか?】

貿易摩擦は、簡単に言うと貿易によりどちらか一方の国が収支や失業率に影響を与え、不公平な状況になってしまうことで

す。

例えば、日本産の車が海外で需要が高まり、日本産のものばかり売れてしまうと、その国の国産車が売れなくなり産業が停滞してしまいます。

そうなると、海外の企業の利益は下がり、最悪の場合は人件費を削減するために雇用を解雇するなどの必要があります。

このように、貿易によってどちらかが儲けすぎてしまう、不公平な状況のことを貿易摩擦と言います。

【貿易摩擦を解決するには?】

貿易摩擦には明確な解決方法はなく、

利益が少なくなってしまった国が、儲け過ぎている国の原因となっている輸入商品に対して関税をかけるという方法を取る事が多いです。

輸入品に関税をかけることにより、利益を出すためには販売価格を上げる必要があるため、輸入品が売れるのを減らす。という意味があります。

しかし、輸入商品の需要がとても高い場合は輸入が大きく減るということは少ないため、輸出している国(=儲けすぎている国)が輸出を制限して調整する必要があります。

〈関税についてはこちらの記事もどうぞ!〉

【貿易に関することならお任せください】

貿易をしていると様々な衝突やトラブルに合うこともあります。

貿易を初めてする場合はこのように大量に輸出入することはありませんが、貿易を始めるには「貿易摩擦」「関税」その他の知識も知っておく必要があります。

貿易代行を行っている弊社では、このような問題にも配慮し、しっかりと事前調査・対応を行っております。

貿易に関することで気になる、不安な点がある方は、お気軽にご相談ください。

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

市場調査や検討中の商品、利益が出せそうかなどもこのコンサルティングでは、ご相談いただけます。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事