「知らなかった」では済まされない!輸出規制

日本の輸出には、大きく分けて2つの規制があり「安全保障貿易管理」に基づいて実施されています。

今回は、安全保障貿易管理について解説をしていきます。

【安全保障貿易管理とは?】

国外に武器や軍事利用可能な技術などを輸出しないことを目的に管理をすることです。

その方法は、リスト規制とキャッチオール規制と呼ばれる2つの規制で実施されています。

  • リスト規制

輸出の際に許可が必要なものや技術をリスト化したものです。
輸出するものがリストに該当する場合は許可が必要です。

  • キャッチオール規制

リスト規制に該当しなかった商品でも、軍事利用される可能性がある場合は許可が必要です。

あわせて読みたい 〉

【意外なものでも注意が必要】

上記の規制は、意外なものでも規制に該当する場合があります。

およそ軍事利用とは関係なさそうに思えるものでも、規制に該当していて知らずに輸出をしてしまった場合は不正輸出となります。

実際に、他社ではリスト規制品と知らずに加工機器を輸出してしまったという事例もあります。

また、確認していたリストが古いものだった…などのケースもあります。

そのため、輸出の際には正しい知識と管理体制が重要です。

【貿易の様々なお悩みに対応致します】

今回は、国と国の平和を保つための輸出管理についてご紹介しました。

輸出を行う企業、これから始めたい企業にとってこれらの規制について常に新しい情報を理解をしておくのは重要です。

しかし、まだ貿易経験の少ない企業では常に新しい情報の確認や輸出業務の知識を取り入れるのは大変です。

もし、輸出に関することやその他の貿易に関することでお困りのことがあれば、専門家へのご相談をオススメします。

弊社では、経験豊富なプロがお客様のお悩みに丁寧にお答えいたします。

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

  • 輸出をしたいが英語を話せるスタッフがいない。
  • 販路開拓にチャレンジしたがうまく行かなかった。
  • よりよい条件で交渉を行いたい。

など、多岐に渡るお悩みに対応可能です。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事