世界的な輸送遅延問題!遅延発生時は何をすべき?

近年、コロナ禍の影響も大きく、コンテナ不足や輸送遅延が問題となっています。

最近では輸送遅延により人気ハンバーガー店のポテトが販売を一時休止とニュースになっていたのはご存知でしょうか?

今回はそんな輸送遅延問題に焦点を当てたいと思います。

【コロナが影響?輸送遅延の原因】

まず、なぜ世界的な輸送遅延・混雑にコロナが影響しているのか?ということですが、

2020年から続くコロナウイルスにより世界各国の都市がロックダウン、規制を実施したことが関係しています。

また、感染防止処置として港での船から荷物を積み込みや荷下ろしする作業員の削減。

これにより、多くのコンテナ貨物が港湾に停留、輸送の遅延へと繋がるわけです。

【輸送遅延による生活への影響】

輸送遅延と聞くと、貿易に関わりのない人からするとどこか遠い話のように感じるかもしれませんね。

ですが、輸送遅延が続くと私達の生活でも非常に不便だと感じることにも関係してきます。

最近あった身近なものだと、冒頭でも少し触れましたが、人気ハンバーガー店のポテトの販売一時休止です。

これは、北米から輸入しているポテトがコロナ禍での世界的な物流網への混乱や船の経由国でも大規模な水害の影響で輸送遅延が発生しています。

このように輸送遅延が拡大すると生活にも影響が出る場面が増えます。

さらに、輸送費が高くなったことで商品価格も高騰していきます。

【輸送遅延が発生したときの対応】

では、実際に自分の貨物を載せた船が遅延した場合に何をすべきかというと

  • 運航スケジュールの確認
  • 輸送手段や港の変更
  • 貨物到着後のスムーズな手続き準備

遅延が発生しそうな場合は船会社へのスケジュール確認はもちろん、どうしても早く輸送しなければならない場合には航空輸送に切り替えるなどの判断が必要となります。

また、貨物が到着したらスムーズに手続きができるように手配をしておくのも重要です。

こんな風に、貿易では災害や天候・不測の事態に備える必要があります。

弊社では、経験豊富なプロが輸送やその他のトラブルにも迅速に対応いたします。

海外取引を始めたいが不安がある。なら、弊社にご相談ください。

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

このコンサルティングでは、輸送を含む貿易全般に関する疑問や不安などのご相談にも丁寧にお答えします。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事