貿易で必要な「インボイス」とは?

貿易をしているとよく見聞きする「インボイス」。

これは何のことか、ご存知でしょうか?

今回はインボイスについてご紹介いたします。

【インボイスとは?】

日本語では、送り状、仕入書(明細書)などを指すものです。

税関に申告をする際に必要な書類ですが、必ず必要というわけではなく、インボイスが不要の場合もあります。

輸出する側が輸入する側に発行する書類で、
正確に税率を確認するためや、不正・ミスを防ぐための書類です。

【どんな内容を記載するのか?】

インボイスは税関に「どんな商品を誰がどこに送るのか?」など申告をする際に必要となる書類です。

発送元や発送先の情報はもちろん、
商品の内容や数量、金額や取引条件まで記載されており、インボイスを見ればどんな荷物なのかがわかるようになっています。

また、関税もこのインボイスを元に決定されます。

【インボイスの作成や貿易事務もお任せください】

インボイスとは、国際取引で必要な商品や企業の情報が記載された重要な書類、ということがわかりました。

ですが、貿易経験がないとインボイスの作成は難しく感じるかもしれません。

弊社では、インボイスをはじめ、貿易に関する難しい書類作成等の事務作業も一貫して代行いたします。

現在、期間限定で本来1時間5万円のコンサルティングを無料プレゼントしています。

このコンサルティングでは、お客様のご状況をお伺いさせていただき、お悩みや不安解消につながる内容を無料でお伝えします。

貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にお気軽にご相談下さい。

関連記事