海外取引での交渉のコツ

海外取引での交渉では、日本人同士の取引とは違い気をつけなければならないことがいくつかあります。

今回は、海外取引での交渉のコツについてお話します。

【商談に対する”姿勢”の違い】

日本では「謙虚さ」や「お辞儀」の文化が根付いており、謙虚さが美徳とも言われています。

しかし、海外の方にとっては「なんでこんなにペコペコしているんだ?」と思われたり、

YESなのか?NOなのか?どっちなんだ。はっきりしてくれ!」と思われることもあり、ストレスを与えてしまう可能性もあります。

また、謙虚すぎると対等な取引ができなくなる可能性もあるので海外との交渉の場ではほどほどにしましょう。

【海外との取引交渉のコツ】

海外との交渉では、白黒はっきりする文化も関係しているのか、日本人同士の交渉以上に白熱することもあります。

そういった場合に備えて、交渉担当と決裁権を持つ人を分けるというのは1つの手です。

交渉での話し合いが激しくなり、利害関係が合わず取引が白紙になることもあります。

そういった場合に、交渉担当者と決裁権を持つ人を分けておくと話し合いが激しくなった場合にクールタイムを作る事ができます。

ですが、この方法は上手に使わなければ「あなたでは話しにならない。」と思われる可能性もあるので使用には注意が必要です。

【交渉プロによる交渉で良い条件を引き出す】

ここまで、海外との交渉のコツについてお話してきました。

初めて貿易をする場合、文化や言葉の違いもあるので、海外との交渉は難しく感じるかもしれません。

弊社では、これまで何度も交渉を成功させてきたプロが交渉を代行いたします。

  • 海外企業との商談がうまくいかない。
  • 貿易は初めてで何から始めればいいかわからない。

など、貿易に関するお悩みがあるなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にまずはお気軽にご相談下さい。

現在、期間限定で本来1時間5万円のコンサルティングを無料プレゼントしています。

関連記事