商品を輸出入する時に意外と見落としがちなこと

海外との貿易にはさまざまな注意点があります。

その中には、書類の不備や、法令、文化や習慣の違いといったものの他に、初歩的な見落としやすいものもあります。

今回は、海外との取引で意外と見落としがちなことについてご紹介します。

【見落としがちな注意点】

  • サイズ、体格の違い

これは、服や靴などの身につけるものに多い失敗です。

日本人の平均的な体格と比べて、取引先の国の平均的な体格が大きい、または小さいということがあります。

そのため、日本人の平均的な体格に合わせて商品を手配してしまうと、サイズが合わず全く売れない。という可能性があります。

服や靴以外にも掃除機などは日本人の住環境に合わせた設計になっておりコンパクトです。

そのため、平均的な体格が大きめの国では使いにくく、吸引力も物足りない。と感じるようです。

このような失敗をしないためにも、国によるサイズの違い・体格の違いを意識することが大切です。

  • 季節の違い

シーズン商品、イベント商品などは販売をする国のタイミングに合わせる必要があります。

また1年を通して暖かい国や、涼しい国もあるので日本の四季と同じ感覚で海外で販売をしようとすると、タイミングを逃し在庫を抱えてしまう可能性があります。

しかし、この季節の違いは、逆にシーズンオフの商品を安く仕入れることができる可能性もあります。

海外との取引では、相手の国がどんな時期にあたるのかを意識して、その国の人のニーズを掴むことが重要です。

【お気軽にご相談ください]

これまで、海外取引での意外に見落としがちなことについてご紹介いたしました。

法令や貿易事務などに注意を向けがちですが、意外なところにも注意点はあります。

海外取引の際には弊社でも、色々な視点から確認を行なっています。

  • これから海外と取引を始めたい企業や、
  • 自社商品が海外でニーズはあるのか?

など貿易に関することなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にまずはお気軽にご相談下さい。

期間限定で本来1時間5万円かかる専門家への相談を無料プレゼントしています。

関連記事