輸入ビジネスには欠かせない「関税」ってなに?

輸入ビジネスを始めるには関税についても知っておく必要があります。

今回は、関税についてお話しします。

【そもそも関税とは?】

簡単にいうと、「輸入する商品にかけられる税金」のことです。

輸入するものによって、税金がかからないもの〜30%くらいまであります。

関税がかかるものは、輸入申告するときに税関へ関税をおさめます。

【個人輸入と商用輸入での関税の違い】

輸入は、目的によって種類が分けられています。

  • 個人輸入

自分で使う目的で輸入すること

  • 商用輸入

第三者に販売する目的で輸入すること

個人輸入の場合には人にプレゼントすることも禁止です。

この輸入の種類によって関税が変わってくるので注意が必要です。

【輸入をするなら代行がおすすめ】

貿易には欠かせない関税ですが、税率はものによって違い、かなり細かいため、1つ1つ把握したり調べるのは難しく、手間がかかります。

また、関税について理解しておかないと、商品をたくさん売っても利益を圧迫してしまう原因になります。

弊社では、専門家が関税や国内に需要はあるのかなどを確認して利益を出せるか?をチェックいたします。

また、難しい通関手続きなどの貿易事務も全て代行いたします。

海外から商品を輸入して販売してみたい。
でもどんな商品が利益が出やすいのかわからない…

そう思うなら、

輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にご相談下さい。

本来1時間5万円のコンサルティングを期間限定で無料プレゼント中です!

関連記事