国際貿易で重要な”貿易条件”(インコタームズ)とは?

国際貿易取引においてしっかりと契約をすることは非常に重要となります。

その中でも、インコタームズ(貿易条件)は特に重要です。

今回はこのインコタームズ(貿易条件)についてご紹介します。

【インコタームズ(貿易条件)とは?】

インコタームズ(貿易条件)とは、貿易取引の世界共通のルールです。

簡単にいうと、

  • 「誰がどこまでの輸送費を払うのか?」
  • 「誰がどこまでの事故などの危険を負担するのか?」

という費用負担危険負担の取り決めを行うものです。

実際に輸送中に問題が起きた際に、解釈の違いなどによるリスクを回避することを目的としています。

【インコタームズ(貿易条件)の使い分け】

このインコタームズ(貿易条件)は専門の用語で分けられており、
よく使われるものが、CIFやFOBなどがあります。

これらは費用負担と危険負担がどこからどこまでなのかで分けられており、

例えば、

  • CIF → 輸出者が運賃と保険を負担して、輸入港まで到着させる責任を持っているもの
  • FOB → 輸出者が運賃と保険を負担して貨物の面倒を現地の国内まで見るもの

などがあります。

一般的には、商品を輸入する側であれば、

「CIFの方が外国の企業が面倒見てくれるから楽で良いな〜」

と思うかもしれませんが、FOBの方が良い場合もあります。

それは、輸送中の貨物がトラブルに巻き込まれた場合です。

なぜFOBの方が良いのか?というと、
保険会社を自由に選ぶことができて保険の条件なども把握しやすいためです。

このようにさまざまな観点から条件を決める必要があるため、知識がないまま契約をしてしまうと大きな損害や労力を使ってしまう可能性もあります。

【貿易のことならお任せください!】

しかし、1からインコタームズ(貿易条件)を含む貿易について学ぶのは非常にややこしく、大変です。

また間違ったり知識が不十分なまま契約をしてしまうと、大きな損害を被る場合もあります。

弊社では、こういった契約の締結やその他に貿易に必要な書類の作成なども一貫してお請けいたします。

これから貿易を始めてみたいと思っているけど、専門用語や交渉に不安がある・・・

そう思うなら、

輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にぜひ一度、ご相談下さい。

本来1時間5万円のコンサルティングを期間限定で無料プレゼント中です!

関連記事