『もし輸送トラブルに巻き込まれたら…』輸送中のリスクを抑える方法とは?

海外取引では商品を長い距離運ぶ必要があります。
そのため、輸送トラブルのリスクは避けられません。

今回は輸送中にトラブルに巻き込まれた時のリスクを抑える方法をご紹介します。

【輸送中にはどんなトラブルが起きるのか?】

輸送中に起きるトラブルには

  • 船が座礁した
  • 輸送中に貨物が荷崩れして破損した
  • 貨物が水に濡れてしまった

などがあります。

小さなトラブルの場合は取引国に連絡を取り解決をしますが、船が座礁したなど被害が大きい場合は大変なことになります。

そして、これらの事故により、たとえ商品が破損や失踪したとしても

全額保証してもらえるとは限らないのです。

【リスクを抑えるためには…】

万が一に、自分の商品を載せた船にトラブルがあったら…

そんな時のために「保険」があります。

保険には紛失や破損に備えて貨物1つ、1つにかけるものや、取引先が原因で輸出入できなくなった場合に備えて入っておくものもあります。

保険を活用して、こうした様々な貿易リスクを抑えましょう。

【貿易保険の選び方がわからない・不安なら】

弊社では、貿易のプロが商品やお客様に合わせてこれらのリスクを抑える保険を選択、付保いたします。

海外と取引をしてみたいけど補償がないと不安…
どの保険の加入が必要かわからない

そう思うなら
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にぜひ、ご相談下さい。

本来1時間5万円のコンサルティングを期間限定で無料プレゼント中です。

関連記事