どの輸送方法がお得?海上輸送の特徴

海外企業と取引をして国内に荷物を送るには、長距離鉄道や飛行機、船での輸送など、さまざまな輸送方法があります。

今回は船での輸送方法の特徴をメリット・デメリットを踏まえてご紹介いたします。

【船での輸送→”海上輸送”について】

輸出・輸入に関係なく、貿易での輸送方法では船での輸送、つまり海上輸送が最も多い方法です。

その理由は、輸送費が安く、トラブルが起きるリスクも軽減されることです。

【海上輸送のメリット】

  • 事故発生リスクが少ない
  • 輸送費が安価
  • 大量に輸送可能

海上輸送では、陸上輸送に比べ事故発生リスクが少ないことがメリットとして挙げられます。

また、最大のメリットである輸送費の安さは、貨物の量が確保できるなら輸送費用をかなり安価に抑えられるケースもあります。

【海上輸送のデメリット】

  • 輸送時間が長い
  • 内陸部への輸送が苦手
  • 日持ちしない食品などは向かない

などです。

車両や航空輸送に比べ、速度が遅く、天候に左右されることもあり、鮮度が重要な食品などの輸送には向いていません。

【どの輸送方法が自社に合っているのか】

今回は、海上輸送の特徴についてご紹介いたしました。

海上輸送は最も多い輸送方法となり、費用も安価ですが、貨物内容や急いでいるときには陸上輸送を利用する方が良い場合もあります。

弊社では、お客様に合った最適な方法で、費用を抑えて安全に輸送ができる方法を利用いたします。

商品の目処はついているけど、輸送方法に悩んでいる場合や費用をなるべく抑えて輸送をしたい、

とお考えなら、
輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にご相談ください。

本来1時間5万円のコンサルティングを期間限定で無料プレゼント中です!!

関連記事