「交渉がうまくいかない!」人の共通点

海外の企業と取引をする際には、”交渉” が非常に重要になります。

しかし、この交渉にはさまざまな知識とコミュニケーションなどの技術が必要です。

今回は、海外進出を目指す企業や海外取引を始める方が、陥りやすい失敗についてご紹介します。

【交渉がうまくいかない人の共通点】

1.取引国の言語を話せない・苦手意識がある

海外の企業へ交渉をする際には、現地の言葉でコミュニケーションを取る必要があります。

その際、通訳を雇って交渉しようと思っても、通訳はあくまで言語の変換のため通訳を通して「あなた」が交渉をする必要があります。

また、ニュアンスの取り違いにより、本来の意味と別の解釈で伝わってしまう場合もあるため注意が必要です。

2.現地調査が不十分・文化の違いを理解していない

貿易を成功させるためには、取引する国の文化や市場にどんなニーズがあるのか?を調査する必要があります。

日本での成功体験をそのまま海外に持ち込んでも、文化や習慣が違う国では受け入れられないこともあります。

また、輸入をして、日本国内で販売をする場合でも海外での価格や日本でもニーズがあるのか?などを調べることは重要です。

3.落とし所を見つけようとする

交渉でよくある失敗に、利益が少なくてもお互いが妥協できるところで話し合いを終わらせることができるような決着点を見つけようとしてしまうことが挙げられます。

しかし、リスクや労力を費やしてせっかく取引をするのに利益がほぼ出ないような結果であれば意味がありません。

交渉をする際は、お互いに納得して取引ができ、さらに原価を抑えたりするなどより良い条件で取引ができるようにコミュニケーションを取る必要があります。

その他にも、言語の違いからコミュニケーションをほとんど取らないまま、交渉の際に強気の姿勢を崩さないことで海外企業と契約に至らないケースもあります。

【交渉のプロだから引き出せる好条件】

弊社では交渉のプロがお客様のご要望をヒアリングして、取引可能な海外企業の選定から、良い条件での取引ができるようにする交渉などを一貫してお請けいたします。

これから海外企業と取引をしたい!
輸入ビジネスを始めたい!

でも、言語の違いや交渉に不安がある・・・

そう感じているなら、

輸出入するだけで貴社も儲かる会社に変身する!」専門家にぜひ、ご相談下さい。

本来1時間5万円のコンサルティングを期間限定で無料プレゼント中です!!

関連記事