【リスク軽減も!】海外取引に必要な貿易事務とは?

海外取引で輸出入をする際には、
色々な申請や事務作業などが必要となります。

海外取引の場合、文化や生活習慣が違うため
商品の取り扱いや代金の支払い、輸送時のトラブル回避(他社トラブル事例はこちら)などのリスクを抑えて、スムーズな取引をできるようにすることが重要です。

【輸出入に必要な事務作業】

輸出入をするためには数多くの書類の作成が必須です。

例えば、

  • 仕入れに関する書類
  • 貨物の梱包明細書
  • 運送契約書

など他にも多くの書類の作成が必要です。

また、輸出入に必要な書類の多くは英語で書かれており、文章の理解や作成にはある程度の知識が必要です。

【そのほかの注意点】

輸出入をするには、書類の他にもいろいろな制約がある場合があります。
例えば、輸入できる数が決まっているものや、個別に届出が必要なものがあります。

これらの許可がないと、輸出入ができず、時間も手間も無駄になる可能性もあるため注意が必要です。

【貿易事務も全て代行します】

弊社では、これまで、何度も輸出入をしてきた実績のあるプロが、お客様とのヒアリングをしっかりと行い、これらのややこしい貿易事務も全て代行します。

もちろん、取引国の文化や習慣に合わせた対応、商品輸送や制約に関する確認もお任せください。

「輸出・輸入をしたいけど貿易に関する書類の作成が不安」
「リスクを抑えて、スムーズに取引きをしたい」

とお考えなら、
「輸出入するだけで儲かる会社に変身する!」専門家にお任せください。

貿易に関する些細な質問にも素早くお答えいたしますのでまずはお気軽にご相談ください。

現在、無料相談を受付中です。

関連記事