海外輸出入を徹底サポート!貿易事業サポートセンター

海外輸出入を徹底サポート!

オファーボタン

※先着3社様限定ですので、お早めのお申し込みをオススメ致します。埋まってしまった場合は、数か月先までお待ちいただきます。
また、個別相談の時間は1時間ほどを予定しており、zoomというテレビ会議システムを利用して行います。日程はご希望に合わせて行いますのでご安心ください。

多くの企業が貿易という事業に対して、勘違いを起こしています。

というのも、貿易事業はノウハウがないと難しいと思われがちですが、実は簡単なのです。

なぜかというと、貿易事業で成功するためのポイントは2つだけだからです。 その2つのポイントとは、

  • 買値、売り年の粗利益を増やす交渉スキル
  • 開拓困難な販路開拓、もしくは仕入れが困難な商品の仕入れルート開拓

この2つさえできれば、即貿易事業を開始でき、儲かる事業を手に入れることができます。

ただし、この2つのポイントを通訳でも出来るかというと、答えは「No」です。

どういうことか?

貿易事業に通訳は一切必要ありません。

というのも、通訳は、その名の通りで言語を変える手伝いをするだけなので、ルートの開拓はもちろんのこと、原価や売値などの交渉スキルも一切持ち合わせていません。

海外と直接販売先・仕入先ルートを築くに当たっては、交渉スキルがとても重要ですので、実は貿易において通訳は全く役に立たないのです。

しかし、仮にルート開拓から値段の交渉までを専門家が代行したといっても、日本の零細、中小企業が海外の企業と取引なんて本当に可能なのか?

あなたもそう思われたかもしれません。

実は、可能なのです。なぜなら、日本と海外ではビジネスの考え方が全く違うので、会社の規模は全く関係ないからです。 なぜ関係ないのか?それは…

日本と海外ではビジネスのやり方が全く違います。

何が違うのか?以下の通りです。

  • 無名企業でも相手にしてくれる

海外との交渉経験がないとびっくりされる経営者様が多いのですが、これは事実です。

日本では「〇〇会社の□□と申します」とあいさつをすると、〇〇の企業名を重要視する傾向が非常に強いですが、海外では全く気にされません。

では、何を重要視するのか?

例えば、輸出の場合であれば、

  • 貴社が何の製品を持っていて、いくらで販売できるのか?質は良いのか?

これが輸入の場合であれば、

  • 貴社が輸入したいと思っている製品をどれくらい売る気があって、年間どの程度の品数を販売できるのか?

関心があるのはこのポイントだけです。

しかし、それを聞いても以下のような不安も残ると思います。

もし、1つでも当てはまれば、まず見ていただきたいものがあります。

それは、以前は『うちに貿易なんて出来るのか不安』と今の“あなた”のように思っていた経営者の方々が、輸出入するだけで利益が残る仕組みを手に入れることに成功した! そんな弊社のお客様の声をまずは、ご紹介しますので、ご覧ください。

実際のお客様の声

逆に言うと、2年以上かけてはいけません。

それはなぜか?

新規事業だからといって中小企業が時間をかけては危険だからです。

一刻も早く儲けてもらうことで、本業も発展させる活力にしていただく必要があるのです。

事実として、弊社のお客様の多くが、2年以内に貿易事業を主力にできる仕組みを組み立てることに成功しています。

ですので、昔と比べると、貿易事業は多くの中小企業にとって取り組みやすくなりました。

では、なぜ2年以内に貿易事業を行うことが可能となるのか?

それは、当社が海外でのルートを開拓する力、そして粗利を最大20%増やす交渉力を持っているからです。そして、それらを全て代行しますので、2年というスピードで儲けを作ることができます。

では、その驚異的なスピードと交渉力を持って、当社が擬態的に何ができるのか…

それらをお伝えします。

サービスメニュー

他社との違い